記念硬貨の種類について

イベント時に価値が高まる記念硬貨

国家的な出来事や行事などの記念で発行される記念硬貨は、通常の貨幣とは違いデザインも異なっていてほとんどが硬貨です。

記念硬貨には様々な種類がありますが有名なのが 天皇即位60周年記念金貨や、東京オリンピックに沖縄の国土復帰などを記念して発行された硬貨などがあります。 たくさんの種類の中でも特に著名な記念硬貨は天皇御即位の10万円金貨です。 これも2つの種類があり相場も違っています。

昭和天皇陛下御即位記念10万円金貨は昭和61年から62年にかけての発行されていて、今上天皇御即位記念金貨は平成2年の発行です。

どちらも品位は純金で額面も同一で10万円でも重量が大きく違います。 昭和天皇陛下御即位記念10万円金貨の重量は20gで、今上天皇御即位記念金貨の重量は30gです。 重量や素材によって、現在の取引などでも金額に差が出ています。

記念硬貨は枚数なども限定されていることも多く、その当時にしか発行されないため中にはプレミア価値が付いているものもあります。

また金融機関で買える低額の記念硬貨だと発行される数も多いので、それほど高額ではありません。 ただ低額の硬貨でも中にはプレミア価格になっている種類もあります。

その一つが東京オリンピックの1000円硬貨で、品位は銅でなくて銀が925で銅が75ですが、これは元の1000円以上の相場で取引がされていて、特に未使用だともっと高額になっています。

最近は記念硬貨をコレクションしている人が少なくなっていると言われています。 そのため過去に発行された物は別として、最近発行された硬貨だとプレミアが付きにくいとされています。

ただそれでもプレミアが付いている硬貨もあって、例えば「地方自治法施行60周年記念」の北海道の、千円銀貨幣は金融機関で買うことが出来ず事前の予約が必要です。

このような硬貨はそれぞれ47都道府県が発行していますが、特に北海道のものはプレミアが付いていて他の都道府県よりも高い金額で取引がされています。 発行される数が少なくて希少価値がある硬貨や、需要が多い硬貨だとプレミアになりますし、それ以外だと元の価格に近い金額で取引がされています。

銀行で両替しても元々の価格ですが、買取の専門店だとプレミアになると高額で買い取ってもらえることもあります。 また初めて記念硬貨が発行された昭和39年以降から、素材別の種類に分類すると純金貨幣、純銀貨幣、その他の貨幣になります。

最後に、記念硬貨を高く買い取ってくれる業者を比較したサイトをご紹介します。
こちらの記念硬貨買取の業者を比較しているサイトでは、大手買取業者の査定額やサービス内容を比較しているので、買取を希望されている方はぜひ、参考にしてくださいね。